Innov-is 1250D

Innov-is 1250D Brother操作手册和用户指南

我们拥有 1个 Innov-is 1250D Brother的操作手册和用户指南。

  • Brother Innov-is 1250D [ver. 3] (页: 204)

    目录
    • p. 1/204
      ⩤㙀㐒㟠g㑌㏚̯҂ᱩ Ү⩗䄣ᬽΕ ۵ึጔҋ 㑌㏚ഩⵯⴔ䃵 Ⴭ⩗䦷䔨 㐒㟠 䭳ᒄ 1 2 3 4 5 ⁑䓽䃮䬝 ౗䔈䛻ञДᓆݟϖৰ⮳ᩞᠰ঻፧㻰䬝䷇㼒ゃ FAQs ȡ http://solutions.brother.com
    • p. 2/204
    • p. 3/204
      1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 安全须知 使用机器之前,请先阅读这些安全须知。 危险 - 为了降低触电的危险 1 使用后立即进行清洁时,或进行本说明书中提到的任何用户维护调整操作时,或当缝纫机无人 看管时,请务必从电源插座中拔出缝纫机的电源线插头。 警告 - 为了降低灼伤、火灾、触电或人身伤害的危险。 2 当打开机盖、上润滑油或进行本说明书中提到的任何维护调整操作时,请务必从电源插座中拔
    • p. 4/204
      2 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 5 进行缝制时要特别小心: • 请务必特别小心缝纫机针。请勿使用弯曲的或损坏的针。• 请勿用手指触碰任何运动部件。在缝纫机针附近要特别小心。• 在针的部位进行任何调整时,请将缝纫机切换到符号 “ O”位置将其关闭。 • 请勿使用损坏的或不正确的针板,否则会导致针断裂。• 缝制时请勿拉拽布料,并且进行手工缝制时请注意遵循说明,以免导致针歪斜或断裂。
    • p. 5/204
      3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 仅针对英国、爱尔兰、马耳他 和塞浦路斯用户 重要信息 • 更换插头保险丝时,请使用经 ASTA 和 BS 1362 核准的保险丝,例如插头上带有 标记、额定 功率标记等。 • 请务必重新盖上保险丝护盖。切勿使用没有保险丝护盖的插头。• 如果可用的电源插座不适合本设备提供的插头,应联系授权零售商以获得正确的导线。
    • p. 6/204
      4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — —
    • p. 7/204
      5 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 目录 安全须知..............................................................................................................................1介绍.....................................................................................................................................9缝纫机功能
    • p. 8/204
      6 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 有用的功能 ........................................................................................................................61 自动缝制反向/加固针迹................................................................................................................................
    • p. 9/204
      7 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 缝制各种内置装饰花样 ....................................................................................................128 缝制漂亮的花样 ............................................................................................................................................
    • p. 10/204
      8 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 调整 LCD ......................................................................................................................................................
    • p. 11/204
      介绍 / 缝纫机功能 9 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 介绍 感谢您购买本款电脑绣花·缝纫一体机。在使用本款电脑绣花·缝纫一体机前,请仔细阅读 “安全须知”(第 1 页),然后参照本使用说明书以正确使用各种功能。此外,阅读完本使用说明书后,请将其 存放在可快速取阅处以供将来参考。 缝纫机功能 a 简单的梭芯绕线 梭芯可以快速、轻松地绕线
    • p. 12/204
      10 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 配件 附带配件 打开包装盒后,请确认已经附带了下列配件。如有任何物品缺失或损坏,请与销售代理商联系。 注意 ● 压脚支架螺丝可在Brother家用缝纫机授权销 售代理商处购买。 (零件号: 132730-122) ● 支撑的配件盘可在Brother家用缝纫机授权销 售代理商处购买。 (零件号: XC4489-051)
    • p. 13/204
      配件 11 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 编号 部件名 零件号 1 钮孔压脚 “A” XC2691-023 2 包边压脚 “G” XE6305-101 3 字母组合压脚 “N” XD0810-031 4 拉链压脚 “I” X59370-021 5 曲折压脚 “J”(在机器上) XC3021-031 6 暗缝针迹压脚 “R” XE2650-001
    • p. 14/204
      12 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 选购配件 下列为可用的选购配件。 备注 ● 若要获得选购配件或部件,请与 Brother 家用 缝纫机授权代理商或就近的技术服务中心联系。 ● 截至印刷时,所有规格均为正确的。部件号 若有变更,恕不另行通知。 ● 请向就近的Brother家用缝纫机授权销售代理 商索取您所购买的缝纫机可用选购配件的完整列表。
    • p. 15/204
      绣花机部件名称及其功能 13 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 绣花机部件名称及其功能 绣花机各个部件的名称及其功能如下所述。使用绣花机前,请仔细阅读这些说明以了解绣花机部件的各个名称。 主视图 a 导线槽导板 面线穿线时,将线从导线槽导板中穿过。 b 导线槽盖 与导线槽导板相似,面线穿线时,将线从导线槽盖下穿过。 c 线筒轴 将线筒放在线筒轴上。
    • p. 16/204
      14 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 针和压脚部分 a 钮孔拨杆 缝制钮孔和套结针迹时放低钮孔拨杆。 b 导线槽盘 使用穿线器穿线时,将线穿过导线槽盘。 c 针杆导线槽 将面线从针杆导线槽中穿过。 d 针板 针板上标有用于直线接缝的导线槽。 e 针板盖 卸下针板盖来清洁梭壳和外旋梭。 f 梭芯盖 / 梭壳 卸下梭芯盖,然后将梭芯插入梭壳。
    • p. 17/204
      绣花机部件名称及其功能 15 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 操作按钮 操作按钮有助于轻松执行各种基本缝纫机操作。 a 开始/停止按钮 按此按钮,缝纫机将以较慢的速度缝制几针,然后开始以缝纫速度控制器所设定的速度开始缝纫。再次按此按钮可停止缝纫。当缝制停止时,针放低在布料中。有关详细信息,请参见 “开始缝制”(第 53 页)。 按钮颜色也会根据缝纫机操作模式不同而改变。
    • p. 18/204
      16 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 操作面板 前方操作面板上有 LCD (液晶显示器)和操作键。 a LCD (液晶显示器) (触摸面板)显示所选花样设置和信息。触摸 LCD 上显示的键执行操作。 有关详细信息,请参见 “ LCD (液晶显示屏)操作” (第 20 页)。 b 后退键 按此键返回到上一画面。 c 上一页键 LCD 上仍有未显示的项目时,显示前一画面。
    • p. 19/204
      1 准备工作 本章介绍了开始缝制前需要做的各种准备工作。 打开/关闭缝纫机 ...................................................................................................18 电源注意事项 .....................................................................................................18打开缝纫机.........................................................................................................19关闭机器
    • p. 20/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 18 打开/关闭缝纫机 本节介绍了如何打开和关闭缝纫机。 电源注意事项 请务必遵守下列有关电源的注意事项。 䄺ਞ ᇣᖗ ● 只能使用普通家用电源作为机器电源。使用其它电源可能会引起火灾、触电或损坏机器。 ● 确保电源线上的插头牢固地插入缝纫机上的电源插座和电源插口。 ● 切勿将电源线上的插头插入状态不良的电源插座。
    • p. 21/204
      打开/关闭缝纫机 19 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 打开缝纫机 准备附带的电源线。 a 请确保缝纫机已关闭 (主电源开关设定在 “ ”),然后将电源线插入缝纫机右边的电 源插口。 b 将电源线的插头插入家用电源插座。 a 电源插口 c 按缝纫机右侧上主电源开关的右侧,将缝纫机打开 (设定为 “I”)。 X 打开缝纫机时,照明灯、
    • p. 22/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 20 LCD (液晶显示屏)操作 所选针迹、花样设置以及信息显示在缝纫机前面的 LCD (液晶显示器)上。 查看 LCD 电源打开时, LCD 会亮起并且显示下列画面。 使用画面下面的按键,以及直接触摸 LCD 画面上的图标可改变画面。 ■ 实用针迹选择画面 a 所选针迹b 所需压脚c 针迹d 针迹设置和双针缝制e
    • p. 23/204
      LCD (液晶显示屏)操作 21 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 改变机器设置 可以改变各种缝纫机操作和缝制设置。可以设定的针迹或缝纫机属性如下所列。 属性 图标 详细信息 设置 针的位置 当缝纫机停止时,指定放置针的位置。 下 上 针迹宽度控制 允许使用用缝制速度控制器调整针迹宽度。 垂直花样调整 调整花样的上下位置 (第
    • p. 24/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 22 a 打开缝纫机。 X LCD 点亮。 b 按操作面板上的 (设置键)。 X 出现设置画面。 c 按要设定的项目。使用 ( 上一页键 ) 和 ( 下一页键 ) 切换画面。 • 反白突出显示的项目为出厂时的设置。 † 例:改变针的停止位置
    • p. 25/204
      LCD (液晶显示屏)操作 23 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d 完成设置后,按 (后退键)。 X 再次出现初始画面。 注意 ● 关闭电源后,改变的设置不会丢失。 检查缝纫机操作步骤 在 LCD 上显示设置面线/梭芯绕线/设置梭芯线/ 更换机针/绣花单元安装/绣花框架安装/绣花压脚安装/压脚更换的简单说明。 a 打开缝纫机。
    • p. 26/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 24 d 按 (下一页键)切换到下一页。 如果按 (上一页键),返回到前一页。 † 例:面线穿线 e 完成查找后,按 (后退键)两次。 X 再次出现初始针迹画面。 注意 ● 有关各个主题的详细信息,请参见本使用说 明书中的相应页。
    • p. 27/204
      梭芯绕线/安装 25 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 梭芯绕线/安装 本节介绍了如何将线绕到梭芯上,然后插入到梭芯。 梭芯注意事项 请务必遵守下列有关梭芯的注意事项。 ᇣᖗ 梭芯绕线 为梭芯绕线来准备梭芯线。 a 打开缝纫机。 b 打开顶盖。 c 将梭芯放在梭芯绕线轴上,使轴上的弹片与梭芯中的切槽吻合 。 按下梭芯直到其卡到位置。
    • p. 28/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 26 e 取下轴上的线筒盖。 a 线筒轴b 线筒盖 f 将用于梭芯的线筒放到线筒轴上。 将线筒滑到轴上,使线筒为水平的并且线展开到底部的前端。 • 若线筒未固定使线无法正确展开,线可能会 缠在线筒轴上。 g 将线筒盖滑到线筒轴上。 如图所示将线筒盖尽可能向右滑动,圆面朝左。 ᇣᖗ 1 2 ● 若线筒或线筒盖安装不正确,线可能会缠
    • p. 29/204
      梭芯绕线/安装 27 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 备注 ● 使用交叉缠绕的细线缝制时,请使用小线筒 盖,并在盖和线筒间保持较小的空隙。 a 线筒盖 (小)b 线筒 (交叉缠绕的线)c 空隙 ● 使用透明尼龙线或金属线等易松开的线时, 将线筒放到线筒轴上之前,请先将线筒网罩在线筒上。若线筒网太长,请将其折叠以适合线筒尺寸。
    • p. 30/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 28 k 用左手抓住线的同时,用右手将拉出的线在线筒上顺时针卷绕五次或六次。 注意 ● 请确保线筒和梭芯之间的线已拉直。 ● 请务必将线顺时针卷绕在梭芯上,否则线会 缠结在梭芯绕线轴上。 l 让线头穿入梭芯绕线座的线槽,然后将线拉到右侧,剪断多余线头。 a 梭芯绕线座中的线槽 (配有内置切线刀) ᇣᖗ m 将缝制速度控制器滑到右侧。
    • p. 31/204
      梭芯绕线/安装 29 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 安装梭芯 安装绕有线的梭芯。 ᇣᖗ a 将梭芯盖插销滑到右侧。 a 梭芯盖b 插销 X 打开梭芯盖。 b 取下梭芯盖。 c 用右手握住梭芯并用左手抓住线头。 • 小心不要掉落梭芯。 d 将梭芯插入梭壳,这样便可倒线到左侧。 • 请务必正确放入梭芯。 ᇣᖗ 备注 ● 梭壳周围的标记指示梭芯线应穿过梭壳的顺
    • p. 32/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 30 f 将线如图所示穿过线槽,然后将线向前面拉出。 a 切线刀 X 切线刀将线剪断。 注意 ● 请务必将线正确穿过梭壳上的张力调节弹 片。若未正确插入,请将线重新插入。 a 张力调节弹簧 g 重新盖上梭芯盖。将梭芯盖左下角的突起部位插入,然后轻轻地按下右侧。 X 这样便完成了梭芯穿线。 下面,我们来为面线穿线。继续
    • p. 33/204
      面线穿线 31 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 面线穿线 本节介绍了如何放置面线的线筒,然后将线穿入针孔。 ᇣᖗ 关于线筒 下面介绍了关于线筒的信息。 ᇣᖗ 面线穿线 将线筒放在线筒轴上,然后为缝纫机穿线。 a 打开缝纫机。 b 抬起压脚拨杆以抬起压脚。 a 压脚拨杆 注意 ● 若压脚未抬起,缝纫机将无法正确穿线。 ● 进行面线穿线时,请仔细按照如下说明进行操作。如果面线穿线不正确,可能会导致线缠结
    • p. 34/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 32 c 按 (针位置按钮)一次或两次,将针抬 起。 a 针位置按钮 X 如下图所示,手轮上的标记在顶部时,针会被正确地抬起。检查手轮,如果此标记未在该位置,按 (针位置按钮)直到其到达该位置。 a 手轮上的标记 d 打开顶盖。 e 取下轴上的线筒盖。 a 线筒轴b 线筒盖 f 将线筒放在线筒轴上。将线筒滑到轴上,使线筒为水平的并且线展开到底部的前端。
    • p. 35/204
      面线穿线 33 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — i 将线从导线杆导板穿过,然后向上拉出。 a 导线槽导板 j 用右手轻轻握住从导线杆导板下穿过的线,同时按如图所示的顺序将线穿过导板。 a 挡板 注意 ● 如果压脚已放低并且已关闭挡板,便无法为 缝纫机穿线。请务必抬起压脚并打开挡板,再为缝纫机穿线。另外,取下面线前,请务必抬起压脚并打开挡板。
    • p. 36/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 34 穿针孔 本节介绍如何将线穿入针孔。 备注 ● 穿线器可用于缝纫机专用针 75/11 到 100/16。 ● 粗细为 130/20 或更粗的线无法使用穿线器。 ● 翼针或双针不能使用穿线器。 ● 如果穿线器无法使用,请参见 “手工穿线 (不使用穿线器)”(第 35 页)。 a 将穿过针杆导线槽的线头拉到左侧,然后从前面将线穿过导线槽盘。
    • p. 37/204
      面线穿线 35 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 注意 ● 若线并未完全穿过,而在针眼中形成了线 圈,请小心地从针孔中拉出线圈,以将线头拉出。 ᇣᖗ e 抬起压脚拨杆,从压脚穿出线头,然后将线拉出 5 厘米左右并拉向缝纫机后部。 a 5 厘米 X 这样便完成了面线穿线。面线和底线穿线均已完毕,现在便可以开始缝制了。 注意 ● 若未将针抬起至最高位置,穿线器将无法穿
    • p. 38/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 36 使用双针 使用双针时,可以使用两种不同的线缝制相同针迹的两条平行线。两种面线应该具有相同的厚度和质量。请务必使用双针、备用线筒轴和线筒盖。有关可以使用双针缝制的针迹的详细信息,请参见 “针迹设置表”(第 70 页)。 ᇣᖗ a 安装双针。 • 有关安装针的详细信息,请参见 “更换机 针”(第 42 页)。
    • p. 39/204
      面线穿线 37 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — g 按照与左侧面线穿线同样的方法进行面线穿线。 a 导线槽盖 • 有关详细信息,请参见 (第 32 页)“面线穿 线”的步骤 h 到 j 。 h 不从针杆导线槽穿线,给右针手工穿线。将线从前向后穿过针孔。 • 双针不能使用穿线器。如果使用了穿线器, 可能会损坏缝纫机。 i 安装曲折压脚
    • p. 40/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 38 m 按 ( 后退键 )。 X 初始画面再次出现,然后出现 。 ᇣᖗ n 开始缝制。 • 有关开始缝制的详细信息,请参见 “开始缝 制”(第 53 页)。 X 针迹的两条线平行缝制在一起。 注意 ● 改变缝制方向时,先按 (针位置按钮) 从布料上抬起针,然后再抬起压脚拨杆并转动布料。 ᇣᖗ 拉起梭芯线 打皱褶时或自由绗缝前,请首先按下面的说明拉起梭芯线。
    • p. 41/204
      面线穿线 39 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 将梭芯线拉出 10-15 厘米 (4-5 英寸)左右,并将线头通过压脚下面拉向缝纫机后部。 f 重新盖上梭芯盖。将梭芯盖左下角的突起部位插入,然后轻轻地按下右侧。 1 2
    • p. 42/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 40 更换机针 本节介绍了如何更换机针。 针的注意事项 请务必遵守下列有关如何处理针的注意事项。不遵守这些注意事项是非常危险的,例如,可能会断针或损坏缝纫机。请务必阅读并严格遵守下面的指示。 ᇣᖗ ● 只能使用 Brother 家用缝纫机专用机针。使用其它规格的机针可能会断针或损坏缝纫机。 ● 切勿使用弯曲的针。弯曲的针很容易断裂,并可能导致受伤。
    • p. 43/204
      更换机针 41 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 针类型及用途 使用的缝纫机针取决于布料的厚度和线的粗细。请参照下表选择适合的缝制布料的线和针。 ■ 线编号和针编号 线编号越小,线越粗;针编号越大,针越粗。 ■ 圆头针 (金色) 为了避免缝纫伸缩布料发生跳针请使用圆头针。 ■ 透明尼龙线 不管使用什么样的布料或线,都使用针号为90/14
    • p. 44/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 42 检查针的状况 使用弯曲的针缝制是非常危险的,因为针可能会在操作缝纫机时断裂。使用针之前,将针平坦的一面放在某平面上,检查针与平面的距离是否均匀。 a 平坦面b 针类型标记 ᇣᖗ 更换机针 按下面的说明更换机针。使用螺丝刀和根据 “检查针的状况”中的指示确定机针是否弯曲需要更换。 a 按 (针位置按钮)一次或两次,将针抬
    • p. 45/204
      更换机针 43 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 用左手握针,然后用螺丝刀朝自身方向 (逆时针)转动针夹螺丝,将针卸下。 a 螺丝刀b 针夹螺丝 • 当松开或拧紧针夹螺丝时,请勿过分用力, 否则可能会损坏缝纫机的某些部分。 f 让针平坦的一面朝向缝纫机的背面,将针插入,直到顶住针挡为止。 a 针挡 g 用左手握针,然后用螺丝刀将针夹螺丝拧紧。
    • p. 46/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 44 更换压脚 本节介绍了如何更换压脚。 压脚的注意事项 请务必遵守下列有关压脚的注意事项。 ᇣᖗ 更换压脚 按下面的说明更换压脚。 a 按 (针位置按钮)一次或两次,将针抬 起。 a 针位置按钮 b 关闭缝纫机。 ᇣᖗ c 抬起压脚拨杆。 a 压脚拨杆 X 压脚被抬起。 d 按压脚支架后部的黑色按钮。 a
    • p. 47/204
      更换压脚 45 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 在支架下面放置不同的压脚,使压脚轴与支架中的切槽对齐。定位压脚,使指示压脚类型 ( A、 G、 I、 J、 M、 N 或 R)的字母位于可读取的位置。 a 压脚支架b 切槽c 压脚轴 f 慢慢放低压脚拨杆,使压脚轴卡到压脚支架切槽中。 a 压脚拨杆 X 连接压脚。 g 抬起压脚拨杆,检查压脚连接是否牢固。
    • p. 48/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 46 卸下和安装压脚支架 当清洁缝纫机或安装不使用压脚支架的压脚,如绣花压脚和绗缝压脚时,请卸下压脚支架。用螺丝刀卸下压脚支架。 a 卸下压脚。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 b 用螺丝刀松动压脚支架螺丝。 a 螺丝刀b 压脚支架c 压脚支架螺丝 ■ 安装压脚支架 a 抬起压脚拨杆。
    • p. 49/204
      缝制筒型布料 47 1 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 缝制筒型布料 自由臂缝制可以更加轻松地缝制筒型布料。 自由臂缝制 卸下附加工作平台即可使用自由臂方式缝制,可更加轻松地缝制筒型布料如袖口和裤腿。 a 将附加工作平台拉伸到左侧。 X 将附加工作平台卸下后,就可以使用自由臂缝制。 b 将要缝制的零件滑到自由臂上,然后从顶部缝制。
    • p. 50/204
      准备工作 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 48
    • p. 51/204
      2 缝制基础知识 本章介绍了缝制必须的各种准备工作。 缝制.........................................................................................................................50 一般缝制步骤 .....................................................................................................50选择针迹
    • p. 52/204
      缝制基础知识 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 50 缝制 下面介绍基本的缝制操作。操作缝纫机之前,请先阅读下列注意事项。 ᇣᖗ 一般缝制步骤 请遵循下面的基本步骤进行缝制。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ● 操作机器时,请特别注意针的位置。此外,注意手不要接触任何移动的部分如针和手轮,否 则可能会导致受伤。 ● 缝制时请勿用力拉推布料,否则可能导致受伤或断针。 ● 切勿使用弯曲的针。弯曲的针很容易断裂,并可能导致受伤。
    • p. 53/204
      2 缝制 51 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 选择针迹 使用 LCD 操作选择针迹。共有 71 种实用针迹。缝 纫机打开后将立即选择直线针迹 (左针位置)。也可以将缝纫机设定为选择直线针迹 (中心针位置)。有关改变设置的详细信息,请参见第 21 页。 a 确定要使用的针迹,准备好相匹配的压脚。 • 请参见 “针迹设置表”(第 70
    • p. 54/204
      缝制基础知识 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 52 放置布料 请确保布料按照正确的顺序缝制并且布料的正面和反面正确对齐。 a 打开缝纫机。 b 按 (针位置按钮)一次或两次,将针抬起。 a 针位置按钮 c 将布料放在压脚下。 • 如果缝边放在正面,缝制直线会更容易并且 不会被多余布料阻挡。 d 左手抓住线头和布料,用右手朝自身方向 (逆时针)转动手轮,将针放低到针迹的起始点。
    • p. 55/204
      2 缝制 53 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 开始缝制 一旦准备开始缝制,就可以启动缝纫机。可以使用缝制速度控制器或脚踏控制器调整缝制速度。 注意 ● 如果已插入脚踏控制器,则不能使用 (开始/停止按钮)来启动或停止缝 制。 ■ 使用操作按钮 可以使用操作按钮 (开始/停止按钮)启动 和停止缝制。 a 左右滑动缝制速度控制器可以选择所需的缝制速度。向左滑动缝制速度控制器以较慢的速度缝制,向右滑动速度控制器以较快的速度缝制。
    • p. 56/204
      缝制基础知识 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 54 b 将脚踏控制器插头插入缝纫机右侧的插口。 a 脚踏控制器插口 c 打开缝纫机。 d 左右滑动缝制速度控制器可以设定脚踏控制器的最大缝制速度。向左滑动缝制速度控制器可以选择较低的最大缝制速度,向右滑动速度控制器可以选择较高的最大缝制速度。 a 缝制速度控制器 e 一旦准备开始缝制,请慢慢踏下脚踏控制器。踏下脚踏控制器会增大缝制速度;松开脚踏控制器上的压力会降低缝制速度。
    • p. 57/204
      2 缝制 55 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 加固针迹 使用直线针迹缝制时,例如在开口末端或者接缝不重叠处,请使用反向针迹或加固针迹以固定线头。 a 在针迹开头处将针放低到布料中,然后放低压脚拨杆。 b 按 (开始/停止按钮)或踏下脚踏控制器。 这时,如果按住 (开始/停止按钮),缝纫 机以慢速缝制。 a 开始/停止按钮 • 有关详细信息,请参见
    • p. 58/204
      缝制基础知识 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 56 g 缝制 3 到 5 针反向针迹后,松开 (反向/加固针迹按钮)。 X 缝纫机停止缝制。 h 按 (开始/停止按钮),或踏下脚踏控制 器。这时,如果按住 (开始/停止按钮),缝纫 机以慢速缝制几针,然后恢复正常缝制速度。 X 缝纫机开始沿正常的缝制方向缝制。 i 缝制到针迹的结尾后,缝纫机停止缝制。 松开
    • p. 59/204
      2 缝制 57 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 使用切线刀 使用厚度超过 #30 的线、尼龙或金属线,或者其 它特殊材质的线进行缝制时,请使用缝纫机侧部的切线刀将线剪断。 a 当缝纫结束后,按 (针位置按钮)一次将 针抬起。 a 针位置按钮 X 针被抬起。 b 抬起压脚拨杆。 a 压脚拨杆 c 将布料拉到缝纫机左侧,然后将线拉过切线刀将线剪断。
    • p. 60/204
      缝制基础知识 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 58 设定针迹 缝纫机预设了每个针迹的针迹宽度、针迹长度以及面线张力的默认设置。但是,您可以按画面中的 改变针迹设置,遵循本节所述的步骤调节至所需针迹设置。 注意 ● 如果线张力无法按需要调整,请参见 “故障排除”(第 188 页)。 ● 一些针迹的设置是无法改变的。有关详细信息,请参见 “针迹设置表”(第 70
    • p. 61/204
      2 设定针迹 59 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 调整针迹长度 可以调整针迹长度,使针迹调整为更长或更短。 每按 一次,可以让针迹更短。 每按 一次,可以让针迹更长。 备注 ● 按 (重设)将设置恢复到其默认设置。 ● 表示无法调整设置。 ᇣᖗ 调整线张力 根据使用的布料和线,您可能需要改变线张力。 ■ 正确的线张力 面线和梭芯线应在布料的中间位置附近交叉。从布料的正面应只能看到面线,并且从布料的反面应只能看到梭芯线。
    • p. 62/204
      缝制基础知识 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 60 ■ 面线太松 如果从布料的反面可看到面线,则说明面线太松。 a 布料的反面b 布料的正面c 面线d 梭芯线e 从布料的反面可看到面线。 每按 一次,可以让面线张力变大。 备注 ● 按 (重设)将设置恢复到其默认设置。 注意 ● 如果面线未正确绕线或者梭芯未正确安装, 则不可能设定正确的底线张力。如果无法获得正确的底线张力,请重新为面线穿线并正确放入梭芯。
    • p. 63/204
      2 有用的功能 61 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 有用的功能 以下所述的是用以提高缝制效率的有用功能。 自动缝制反向/加固针迹 可以将缝纫机设定为在针迹的开头和结尾自动缝制反向或加固针迹。缝制反向针迹还是加固针迹取决于所选的针迹。有关详细信息,请参见 “针迹设置表”(第 70 页)。 a 打开缝纫机。 X LCD 点亮。 b
    • p. 64/204
      缝制基础知识 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 62 自动切线 可以将缝纫机设定缝纫结束后自动剪断线。这叫做 “编程切线”。如果设定了编程切线,也会设定自动 反向 / 加固针迹。 a 打开缝纫机。 X LCD 点亮。 b 选择针迹。 • 有关选择针迹的详细信息,请参见 “选择针 迹”(第 51 页)。 c 按画面上的 。 X 画面变为 ,并且缝纫机设定为编程
    • p. 65/204
      2 有用的功能 63 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 镜像针迹 可以缝制水平镜像针迹 (左和右)。 a 打开缝纫机。 X LCD 点亮。 b 选择针迹。 • 有关选择针迹的详细信息,请参见 “选择针 迹”(第 51 页)。 c 按画面上的 。 X 画面变为 ,并且显示在画面顶部的花 样会被镜像。 • 若要关闭镜像针迹,请按 。 备注
    • p. 66/204
      缝制基础知识 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 64 有用的缝制技巧 下面介绍可以取得较好缝制效果的各种技巧。缝制时请参考这些技巧。 试缝 为缝纫机安装适用于正在缝制布料类型的线和针后,缝纫机会自动为所选针迹设定底线张力、针迹长度和宽度。不过,建议您在正式开始缝纫之前先进行试缝,因为根据所缝制的布料和针迹类型不同,可能无法取得期望的效果。试缝时,建议使用与正式缝制相同的布料和线,并检查底线张力和针迹长度和宽度。因为缝纫效果因针迹类型和缝制布料的层数而异,所以请在与正式缝纫相同的条件下进行试缝。
    • p. 67/204
      2 有用的缝制技巧 65 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — b 转动缝纫机后部的压脚压力转盘,以调整压脚压力。压脚压力可以设定为四个级别之一 ( 1 到 4 之 间)。设置值越大,压力越大。使用厚布料时请使用设置值 1 或 2 ;薄布料时请使用设置值 4。 c 缝制完成时,请将转盘重设为 3 (标准)。 缝制厚布料 ■ 如果布料不适合放在压脚下
    • p. 68/204
      缝制基础知识 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 66 缝制薄布料 缝制薄布料时,针迹可能偏离或无法正确送布。如果此情况发生,请在布料下面放一张薄纸或一块衬布,将其与布料一起缝制。缝制完成时,撕掉多余的纸。 a 衬布或纸 缝制伸缩布料 首先,将多块布料疏缝在一起,然后在不伸缩布料的情况下进行缝制。 a 疏缝 缝制编织布料时,使用以下建议的伸缩针迹可以达到最佳效果。并确保使用用于编织的针。
    • p. 69/204
      2 有用的缝制技巧 67 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 将布料与针板标记对齐 针板上的标记显示了与使用直线针迹缝制接缝的针位置的距离 (左针位置)。保持布料边缘与针板上标记对齐的同时进行缝制。上部刻度尺上标记之间的距离为 1/8 英寸 (3 毫米),并且在网 格中标记之间的距离为 5 毫米 (3/16 英寸)。 a 接缝b
    • p. 70/204
      缝制基础知识 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 68 ■ 使用压脚抬杆 a 停下缝纫机。 • 缝纫机正在运行时请勿使用压脚抬杆。 b 用膝盖将压脚抬杆按到右侧。将压脚抬杆保持按到右侧的位置。 X 压脚被抬起。 c 松开压脚抬杆。 X 放低压脚。 ᇣᖗ ● 缝制时,将膝盖远离压脚抬杆。如果缝纫 机正在运行时压脚抬杆被按下,针可能会断裂或者可能会损坏缝纫机。
    • p. 71/204
      3 实用针迹 本章介绍了各种针迹以及相关应用。 针迹设置表 ..........................................70 实用针迹 ........................................70 其它针迹 ........................................74 选择针迹 .............................................77 针迹类型 ........................................77
    • p. 72/204
      70 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 针迹设置表 在下表中列出了实用针迹的应用、针迹长度和宽度以及是否可以使用双针。 实用针迹 针迹名称 针迹花样 压脚 应用 针迹宽度 [ 毫米 (英寸) ] 针迹长度 [ 毫米 (英寸) ] 双针 反向 / 加固 针迹 同步压脚 自动 手动 自动 手动 直线针迹 靠左 1 J 基本缝制、缝制皱褶或细褶等。
    • p. 73/204
      针迹设置表 71 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 暗缝针迹 17 R 在中质布料上缝制暗缝 00 3 ← − →3 2.0 (1/16) 1.0 −3.5 (1/16 −1/8) 不可用 加固 不可用 18 R 在伸缩布料上缝制暗缝 00 3 ← − →3 2.0 (1/16) 1.0 −3.5 (1/16 −1/8) 不可用
    • p. 74/204
      72 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 装饰针迹 35 J 装饰针迹 4.0 (3/16) 0.0 −7.0 (0 −1/4) 3.0 (1/8) 2.0 −4.0 (1/16 −3/16) 不可用 加固 不可用 36 J 装饰针迹 4.0 (3/16) 0.0 −7.0 (0 −1/4) 2.5 (3/32) 1.0 −4.0 (1/16
    • p. 75/204
      针迹设置表 73 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 钮孔针迹 55 A 厚布料或毛皮布料的锁眼钮孔 7.0 (1/4) 3.0 −7.0 (1/8 −1/4) 0.5 (1/32) 0.3 −1.0 (1/64 −1/16) 不可用 自动 加固 不可用 56 A 中质和厚布料的锁眼钮孔 7.0 (1/4) 3.0 −7.0 (1/8
    • p. 76/204
      74 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 其它针迹 ** 进行调整的花样 针迹类型 针迹花样 压脚 双针 花样大小 可调整 针迹密度 可调花样 长度 / 宽度 左 / 右 翻转 装饰针迹 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 N 不可用 大、小 不可用 大: 不可用 小: 可用 ( * 不 可能) 可用 11 12 13 14 15 16
    • p. 77/204
      针迹设置表 75 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 针迹类型 针迹花样 压脚 双针 花样大小 可调整 针迹密度 可调花样 长度 / 宽度 左 / 右 翻转 文字针迹 ( Gothic 字体) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 N 不可用 大、小 不可用 不可用 可用 11 12 13 14 15 16 17 18 19
    • p. 78/204
      76 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 文字针迹 (轮廓样 式) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 N 不可用 大、小 不可用 不可用 可用 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
    • p. 79/204
      选择针迹 77 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 选择针迹 本节介绍了各种可用针迹和选择针迹步骤的详细信息。 针迹类型 可以从下列可用类型中选择针迹。有关各种针迹的详细信息,请参见 “针迹设置表” (第 70 页)。 a 实用针迹 可以从 71 种实用针迹中选择,包括直线针迹、 包边、钮孔以及基本装饰针迹。如果选择了此项,打开电源将立即出现实用针迹选择。
    • p. 80/204
      78 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — c 选择针迹类型。 † 选择装饰针迹时 X 在所选的针迹类型中出现包含各种针迹的画面。 • 若要选择另外一种针迹类型,请按 (后退键)。 d 按针迹选择。 (上一页键)显示上一画面, (下一页键)显示下一画面。 a 装饰针迹选择b 设定宽度、长度和张力c 大花样尺寸d 小花样尺寸e 缝制单一针迹f 重复缝制g
    • p. 81/204
      选择针迹 79 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — † 例:Bus 保存针迹设置 本缝纫机预设了每一种针迹的针迹宽度 (曲折针迹宽度)、针迹长度、面线张力、自动切线以及自动反向/加固针迹的默认设置。但是,如果想要保存某个针迹的特定设置以供今后使用,改变设置后按 (存储器)将新设置保存到所选针迹中。 本功能仅供实用针迹使用。 † 若要为直线针迹使用
    • p. 82/204
      80 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 按 。 注意 ● 下一次选择相同的直线针迹时,针迹长度被 设定为 2.0 毫米。 ● 不仅仅是已改变的设置,所有的针迹设置 (针迹宽度 (曲折针迹宽度)、针迹长度、 面线张力、自动切线以及自动反向/加固针迹等)都被保存。选择相同的针迹花样时,即使缝纫机被关闭也会显示最后保存的设置。如果再次改变设置,或者按下了
    • p. 83/204
      包边针迹 81 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 包边针迹 沿着裁切下来的布料边缘缝制包边针迹,以防止其被磨损。有 15 种针迹可用于包边。缝制包边针迹的 步骤根据使用的压脚的类型进行了说明。 使用包边压脚 “G”绣制包边针迹 可以使用 3 种针迹用包边压脚 “G”缝制包边。 a 安装包边压脚 “G”。 • 有关详细信息,请参见
    • p. 84/204
      82 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 使用曲折压脚 “J”缝制包边针迹 可以使用 7 种针迹用曲折压脚 “J”缝制包边针迹。 a 安装曲折压脚 “J”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 b 选择针迹。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第 51 页)。 c 沿着布料边缘使用落在右侧边缘的针进行缝制。 a
    • p. 85/204
      包边针迹 83 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 使用裁边器缝制包边针迹 使用裁边器,可以在切下布料毛边的同时完成包边。可以使用 5 种针迹用侧切刀缝制包边针迹。 注意 ● 使用侧切刀时请手工穿线,或者使用穿线器穿线后再安装侧切刀。 a 卸下压脚。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 b 将裁边器的连接叉钩到针夹螺丝上。
    • p. 86/204
      84 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d 抬起压脚拨杆,检查裁边器安装是否牢固。 e 将面线在裁边器下穿过,然后朝向缝纫机后部拉出。 f 选择针迹。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第 51 页)。 g 在针迹的开头从布料中切下约 2 厘米 (3/4 英寸)长。 a 2 厘米 (3/4 英寸) h 将布料放在裁边器中。布料中的切口应放在裁边器导板上。
    • p. 87/204
      基本缝制 85 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 基本缝制 直线针迹用于缝制普通接缝。有 5 种针迹可用于基本缝制。 疏缝 使用 5 毫米 (3/16 英寸)至 30 毫米 (1-3/16 英寸) 之间的针迹长度进行疏缝。 a 安装曲折压脚 “J”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 b 选择针迹 6
    • p. 88/204
      86 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 放低压脚拨杆,然后开始缝制。 • 有关详细信息,请参见 “开始缝制” (第 53 页)。 • 有关缝制反向 / 加固针迹的详细信息,请参见 “加固针迹”(第 55 页)。 f 缝制完成时,剪断线。 • 有关详细信息,请参见“剪线”(第 56 页)。 ■ 改变针的位置 作为基线使用时,针的位置与直线针迹
    • p. 89/204
      暗缝针迹 87 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 暗缝针迹 用暗缝加固衬衫和裤子的底部。有 2 种针迹可用于暗缝针迹。 根据下列步骤缝制暗缝。 a 将布料沿所需的折缝边缘折叠,然后从距布料边缘约 5 毫米 (3/16 英寸)处进行疏缝。 a 布料的反面b 疏缝针迹c 折缝的所需边缘d 5 毫米 (3/16 英寸) b 沿疏缝折回布料,然后将布料反面朝上放置。
    • p. 90/204
      88 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — f 调整针迹宽度直到针稍微抓住折缝。 a 落针点 改变落针点时,抬起针,然后改变针迹宽度。 a 针迹宽度 ■ 如果针抓住太多折缝 针距离左侧太远。按 减小针迹宽度,使针稍微抓住折缝。 a 布料的反面b 布料的正面 ■ 如果针没有抓住折缝 针距离右侧太远。按 增大针迹宽度直到针稍微抓住折缝。 a 布料的反面b
    • p. 91/204
      钮孔针迹/钮扣缝制 89 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 钮孔针迹/钮扣缝制 可以缝制钮孔并缝上钮扣。有 10 种针迹可用于 1 步钮孔,有 1 种针迹可用于缝制钮扣。 针迹名称 针迹花样 应用 针迹宽度 [ 毫米 (英寸) ] 针迹长度 [ 毫米 (英寸) ] 压脚 自动 手动 自动 手动 钮孔针迹 48 薄和中质布料上的水平钮孔
    • p. 92/204
      90 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 钮孔缝制 钮孔最大长度约 28 毫米 (1-1/8 英寸)(直径 + 钮扣厚度)。 钮孔缝制方向为从压脚前向压脚后缝制,如下图所示。 a 加固针迹 用于缝制钮孔的钮孔压脚 “ A”的部件名称如下图 所示。 a 钮扣导板b 压脚刻度尺c 压脚轴d 钮孔压脚上的标记e 5 毫米 (3/16 英寸) a 用划粉在布料上标明钮孔的位置和长度。
    • p. 93/204
      钮孔针迹/钮扣缝制 91 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 如果钮扣不适合放在钮扣导板中 将钮扣的直径和厚度相加,然后将钮扣导板设定成所计算的长度。(压脚刻度尺上标记之间的距离为 5 毫米 (3/16 英寸)。) a 压脚刻度尺b 钮孔长度 (钮扣的直径 + 厚度) c 5 毫米 (3/16 英寸) 例:对于直径为15 毫米
    • p. 94/204
      92 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — f 将钮孔拨杆向下拉到底。 a 钮孔拨杆 钮孔拨杆位于钮孔压脚上的托架后面。 a 钮孔拨杆b 托架 g 用左手轻轻抓住面线线头,然后开始缝制。 X 缝制完成时,缝纫机会自动缝制加固针迹,然后停止。 h 抬起压脚拨杆,取出布料,然后将线剪断。 i 将钮孔拨杆抬起到原始位置。 j 在钮孔针迹的末端沿着 1
    • p. 95/204
      钮孔针迹/钮扣缝制 93 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 改变针迹密度 调整针迹长度。 • 有关详细信息,请参见 “调整针迹长度” (第 59 页)。 • 如果无法推进布料 (比如布料太厚),请减 小针迹密度。 ■ 改变针迹宽度 调整针迹宽度。 • 有关详细信息,请参见 “调整针迹宽度” (第 58 页)。 备注 ● 缝制钮孔之前,先在一块零散布料上试缝制
    • p. 96/204
      94 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 钮扣缝制 钮扣可以用缝纫机缝制。可以缝制带 2 个孔或 4 个 孔的钮扣。 a 测量要安装钮扣中孔之间的距离。 b 抬起压脚拨杆,朝 方向 (从机器后面看向 左)滑动位于底座上机器后部的送布牙升降开关。 a 送布牙升降开关 (从缝纫机后面看) X 放低送布牙。 c 安装钉纽扣压脚 “M”。 • 有关详细信息,请参见
    • p. 97/204
      钮孔针迹/钮扣缝制 95 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — g 朝自身方向 (逆时针)转动手轮,检查针是否正确进入钮扣的两个孔。如果针看起来要碰到钮扣,请重新测量钮扣中各孔之间的距离。根据钮孔之间的距离调整针迹宽度。 ᇣᖗ h 开始缝制。将缝制速度控制器设定到左侧 (以将速度调慢)。 X 缝制完加固针迹时,缝纫机会自动停止。 •
    • p. 98/204
      96 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 安装拉链 可以将拉链缝制到所需位置。 安装拉链有多种方法。下面介绍了安装中心拉链和侧拉链的步骤。 安装中心拉链 在相互拼接的两块布料上缝制针迹。 a 布料的正面b 针迹c 拉链开口的末端 a 安装曲折压脚 “J”。 b 将直线针迹缝制到拉链开口。让布料的正面相对,到拉链开口后缝制反向针迹。 • 有关详细信息,请参见
    • p. 99/204
      安装拉链 97 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 将接缝与拉链中心对齐,然后将拉链疏缝到布料上。 a 布料的反面b 疏缝针迹c 拉链 f 从外侧疏缝末端去除约 5 厘米 (2 英寸)。 a 布料的反面b 拉链疏缝c 外侧疏缝d 5 厘米 (2 英寸) g 将压脚支架安装在拉链压脚 “I”的右侧销钉上。 a 右侧的销钉b 落针点
    • p. 100/204
      98 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 安装侧拉链 只可以在一块布料上看到针迹。为侧开口和后开口使用这种拉链应用。 a 针迹b 布料的正面c 拉链开口的末端 如图所示,下列步骤介绍了如何在左侧缝制针迹。 a 安装曲折压脚 “J”。 b 将直线针迹缝制到拉链开口。让布料的正面相对,到拉链开口后缝制反向针迹。 • 有关详细信息,请参见 “基本缝制”
    • p. 101/204
      安装拉链 99 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — h 选择针迹 3 。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第 51 页)。 ᇣᖗ i 将拉链缝制到多出 3 毫米 (1/8 英寸)的布料上,从拉链的底部开始缝制。 ᇣᖗ j 距离拉链末端约 5 厘米(2 英寸)时,将针放低 (在布料中)时停止缝纫机工作,抬起压脚拨 杆。 k
    • p. 102/204
      100 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — n 在拉链周围缝制顶部针迹。在拉链开口的末端缝制反向针迹并将拉链牙与压脚侧对齐。 a 布料的正面b 拉链开口的末端c 反向针迹d 针迹的开头e 疏缝针迹 ᇣᖗ o 距离拉链末端约 5 厘米(2 英寸)时,将针放低 (在布料中)时停止缝纫机工作,然后抬起压 脚拨杆。 p 拆除疏缝针迹,打开拉链,然后继续缝制。
    • p. 103/204
      安装拉链 / 嵌边 101 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 安装拉链 / 嵌边 可以将拉链和嵌边缝制到位。 安装拉链和嵌边有多种方法。下面介绍了安装具有单边压脚的中心拉链和嵌边的步骤。 安装中心拉链 a 请参见“安装中心拉链”(第 96 页)的步骤 a 到 e 。 b 卸下压脚和压脚支架 (第 46 页),以在单边压脚上装螺丝。
    • p. 104/204
      102 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ᇣᖗ g 用螺丝刀拧紧定位螺丝。 a 定位螺丝 h 在拉链周围缝制顶部针迹。 a 针迹b 布料的正面c 疏缝针迹d 拉链开口的末端 ᇣᖗ i 拆除疏缝针迹。 安装嵌边 a 如下图所示,在从里向外翻的两块布之间放置嵌边。 a 布料b 嵌边c 布料 b 请参见前一页中的安装单边压脚的步骤。 c 沿着嵌边缝制。
    • p. 105/204
      缝制伸缩布料和松紧带 103 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 缝制伸缩布料和松紧带 可以缝制伸缩布料,并安装松紧带。 执行下列每个缝制操作时,都要遵循相应的注意事项。 伸缩针迹 a 安装曲折压脚 “J”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 b 选择针迹 5 。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹”
    • p. 106/204
      104 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — c 选择针迹。 † 例:2 点曲折针迹 † 例:安装松紧带针迹 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第 51 页)。 d 拉直松紧带使其与布料长度相同,同时将松紧带缝到布料上。用左手拉压脚后面的布料,同时用右手拉压脚前面最近珠针处的布料。 ᇣᖗ ● 缝制时,注意不要让针碰到任何珠针, 否则可能会导致弯针或断针。
    • p. 107/204
      贴布绣、拼接和绗缝针迹 105 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 贴布绣、拼接和绗缝针迹 下面介绍用于绣花缝制、拼接和绗缝的针迹。 备注 ● LCD 上显示 “Q”的花样用于绗缝,显示 “P”的用于拼接。 针迹名称 针迹花样 应用 针迹宽度 [ 毫米 (英寸) ] 针迹长度 [ 毫米 (英寸) ] 压脚 自动 手动 自动 手动
    • p. 108/204
      106 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 贴布绣针迹 a 切下贴布绣,留有 3 到 5 毫米 (1/8 到3/16 英寸)之间的缝边。 a 缝边 b 将用厚纸或衬布做的样式放在贴布绣后部,然后用熨斗折叠缝边。 c 将布料翻转,然后将其疏缝或粘合到要刺绣的布料上。 a 疏缝针迹 d 安装开口压脚。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第
    • p. 109/204
      贴布绣、拼接和绗缝针迹 107 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 拼布 (不规则绗缝)针迹 a 将上面的布料边缘折叠,放在下面的布料上。 b 将两块布料缝制在一起,使花样横跨两块布料。 拼接 将两块布料缝制在一起叫做 “拼接”。布料应切下7 毫米 (1/4 英寸)的缝边。在距压脚右侧或左侧 7 毫米 (1/4 英寸)处缝制拼接
    • p. 110/204
      108 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 对于左侧的缝边 将压脚左侧与布料边缘对齐,使用针迹 22 进 行缝制。 a 7 毫米 (1/4 英寸) 备注 3 要改变缝边 (针位置)的宽度,调整针迹 宽度。有关详细信息,请参见 “调整针迹宽度”(第 58 页)。 ■ 使用 1/4 英寸绗缝压脚 如果使用了 1/4 英寸绗缝压脚,可以使用缝边为
    • p. 111/204
      贴布绣、拼接和绗缝针迹 109 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 绗缝 在布料的顶层和底层之间缝制衬垫夹层称为 “绗缝”。可以使用同步压脚和绗缝导线槽轻松进行绗缝。 a 绗缝要使用绗缝的布料。 b 卸下压脚和压脚支架。 • 有关详细信息,请参见 “卸下和安装压脚支 架”(第 46 页)。 c 将同步压脚的连接叉钩到针夹螺丝上。
    • p. 112/204
      110 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 使用绗缝导线槽 使用绗缝导线槽缝制间距相等的平行针迹。 a 将绗缝导线槽的柄插入同步压脚或压脚支架后面的孔中。 † 同步压脚 † 压脚支架 b 调整绗缝导线槽的柄,使绗缝导线槽与已经缝制的接缝对齐。 自由绗缝 使用自由绗缝时,放低送布牙 (使用送布牙升降开关),使布料可以向任何方向转动。进行自由绗缝时,请按照下列说明使用绗缝压脚。
    • p. 113/204
      贴布绣、拼接和绗缝针迹 111 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ᇣᖗ d 向 滑动位于底座上机器后部的送布牙升降 开关 (从机器后部看向左滑动)。 a 送布牙升降开关 (从缝纫机后面看) X 放低送布牙。 e 打开缝纫机,选择针迹。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第 51 页)。 f 用双手将布料拉紧,然后沿花样移动布料。在缝制的开始和结束处缝制加固针迹。
    • p. 114/204
      112 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 按 (后退键)。 X 再次出现初始画面。 f 选择针迹 24 。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第 51 页)。 g 进行缝制时,将缝制速度控制器滑动来调整针迹宽度。将控制器滑到左侧,让宽度更窄。将控制器滑到右侧,让宽度更宽。 • 使用脚踏控制器来调整缝制速度。 h 缝制完成时,将针迹宽度控制设置设定回OFF。
    • p. 115/204
      加固针迹 113 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 加固针迹 加固容易磨损的地方,如袖孔、内接缝和口袋角。 三重伸缩针迹 使用三重伸缩针迹加固袖孔和内接缝。 a 安装曲折压脚 “J”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 b 选择针迹 4 。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第 51 页)。 c
    • p. 116/204
      114 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — b 安装钮孔压脚 “A”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 c 选择针迹 60 。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第 51 页)。 d 放置布料,使口袋的开口朝向自身方向,然后放低压脚拨杆,使针落在口袋开口前 2 毫米 (1/16 英寸)的位置。 a 2 毫米
    • p. 117/204
      加固针迹 115 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 织补 磨损的布料可以织补。如下图所示进行织补。 a 加固针迹 a 确定织补所需的长度。将钮孔压脚 “ A”上的钮扣导板设成所需长 度。(压脚刻度尺上标记之间的距离为 5 毫米 ( 3/16 英寸)。) a 压脚刻度尺b 织补的长度c 5 毫米 (3/16 英寸) d 7 毫米
    • p. 118/204
      116 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 将面线向下穿过压脚中的孔。 • 放低压脚时,请勿推进压脚的前端,否则将 不会按正确的大小缝制织补。 a 请勿缩小间隙。 e 将钮孔拨杆向下拉到底。 a 钮孔拨杆 钮孔拨杆位于钮孔压脚上的托架后面。 a 钮孔拨杆b 托架 f 用左手轻轻抓住面线线头,然后开始缝制。 X 缝制完成时,缝纫机会自动缝制加固针迹,然后停止。
    • p. 119/204
      菊花眼针迹 117 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 菊花眼针迹 可以在带子上缝制菊花眼。可以使用 3 种大小的菊花眼:7 毫米、 6 毫米和 5 毫米 (1/4、 15/64 和 3/16 英寸)。 a 安装交织字母压脚 “N”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 b 选择针迹 62 。 • 有关详细信息,请参见
    • p. 120/204
      118 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 水平针迹 水平针迹用来将贴布绣附加在无法移动的布料上,例如筒型布料。可以使用缝制到左侧或右侧的直线针迹和曲折针迹。 下图表示下列说明中的缝制顺序。 a 卸下附加工作平台。 • 有关详细信息,请参见 “自由臂缝制” (第 47 页)。 b 安装交织字母压脚 “N”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚”
    • p. 121/204
      水平针迹 119 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — h 按 (反向/加固针迹按钮)。 一直按下反向/加固针迹按钮直到针迹达到左上角。 X 向前送入布料。 i 缝制到角后,停止缝纫机工作,然后选择针迹 69 。 j 开始缝制。 X 布料被送到左侧。 k 缝制到角后,停止缝纫机工作,然后再次选择针迹 1 。 l 在针迹的开头缝制 3
    • p. 122/204
      120 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 装饰针迹 实用针迹包含下列装饰针迹。 针迹名称 针迹花样 应用 针迹宽度 [ 毫米 (英寸) ] 针迹长度 [ 毫米 (英寸) ] 压脚 自动 手动 自动 手动 花式针迹 32 将两块布料穿过敞开接缝进行缝制 5.0 (3/16) 0.0 −7.0 (0 −1/4) 2.5 (3/32) 1.0 −4.0
    • p. 123/204
      装饰针迹 121 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 花式针迹 跨越敞开接缝的针迹称为 “花式针迹”。花式针迹用在女衬衫和儿童衣服上。当使用较粗的线时,此种针迹的装饰效果更明显。 a 用熨斗沿两块布料的各自接缝进行折叠熨烫。 b 将两块布料,分开约 4 毫米 (3/16 英寸),疏缝到薄纸或水溶的衬布上。如果沿薄纸或水溶衬布的中间划一条线,缝制会更容易。
    • p. 124/204
      122 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 扇形针迹 形似贝壳的波浪形重复花样称为 “扇形针迹”。这种针迹用在女衬衫的领子上或用来装饰衣物边。 a 安装交织字母压脚 “N”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 b 选择针迹 27 。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第 51 页)。 c 沿布料边缘缝制,但确定不要直接在布料边缘上缝制。
    • p. 125/204
      装饰针迹 123 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 选择针迹 31 、 32 或 33 。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第 51 页)。 f 在直线针迹之间缝制。 g 拉出直线针迹的线。 贝壳边针迹 看似贝壳的皱褶称为 “贝壳边针”。它们用于装饰装饰物、薄布料女衬衫的前胸或袖口。 a 沿偏线折叠布料。 b 安装曲折压脚
    • p. 126/204
      124 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d 让针落在稍稍偏离布料边缘的位置进行缝制。 a 落针点 e 展开布料,将摺熨到一边。 拼接 可以在拼接布料的缝边上缝制装饰性搭桥针迹。进行不规则绗缝时使用这种针迹。 a 安装曲折压脚 “J”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 b 将两块布料的正面缝在一起,然后打开缝边。
    • p. 127/204
      装饰针迹 125 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 祖传针迹 使用翼针缝制时针孔大,可产生类似花边的装饰针迹效果。除普通织物布料外,这种针迹还用于装饰薄或中质布料的折缝和桌布。 a 插入翼针。 • 使用 130/705H 100/16 翼针。 • 有关安装针的详细信息,请参见 “更换机 针”(第 42 页)。 • 翼针不能使用穿线器,否则可能会损坏缝纫
    • p. 128/204
      126 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 部分地取下线叫做 “抽绣”。这样会让编织较松的布料显得更漂亮。下面介绍了制作抽绣的两种方法。 ■ 抽绣 (例 1) a 从布料中拉出几条线。 b 安装交织字母压脚 “N”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 c 选择针迹 39 。 • 有关详细信息,请参见 “选择针迹” (第
    • p. 129/204
      装饰针迹 127 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 抽绣 (例 2) a 从布料的两部分拉出几条线,中间间隔约4 毫米 (3/16 英寸)的非磨损部分。 a 4 毫米 (3/16 英寸) b 安装交织字母压脚 “N”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 c 选择针迹 42 。 • 有关详细信息,请参见
    • p. 130/204
      128 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 缝制各种内置装饰花样 可以缝制装饰针迹、缎纹针迹、十字绣针迹、装饰缎纹针迹、组合实用针迹以及 3 种文字针迹。所有针 迹使用交织字母压脚 “ N”来缝制。 缝制漂亮的花样 为了正确地缝制花样,必须考虑下列因素。 ■ 布料 缝制拉伸布料或薄布料或粗糙编织的布料之前,在布料的反面附加衬布或在布料下放一张薄纸,如描图纸。由于在缝制缎纹针迹时可能会导致布料皱褶或针迹褶皱,请务必给布料附加衬布。
    • p. 131/204
      缝制各种内置装饰花样 129 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 改变花样大小 Gothic 字体和轮廓样式、装饰针迹、以及装饰缎纹针迹中的文字针迹大小可以在大和小之间切换。但是,其它花样的大小无法改变。 a 选择针迹。 • 有关选择针迹的详细信息,请参见 “选择针 迹”(第 77 页)。 b 按 直到选择所需的大小。 c 重复步骤
    • p. 132/204
      130 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 改变缎纹针迹的长度 一个缎纹针迹的长度可改为 5 个级别。 a 按操作面板上的 (实用针迹键),然后选 择 (缎纹针迹)。 b 选择缎纹针迹花样。 c 按 。 X 画面变为 并且花样变长。 每按一次,数字都会变化。可以从 到 中选择。
    • p. 133/204
      缝制各种内置装饰花样 131 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 切换花样 缎纹针迹可以向左侧或右侧切换花样宽度的一半,可创建出分层花样。这叫做 “分层花样”。例如,下面介绍了创建以下花样的步骤。 a 按操作面板上的 (实用针迹键),然后选 择 (缎纹针迹)。 b 选择缎纹针迹花样。 c 按 。 X 所选的下一种花样向右侧移动宽度的一半。
    • p. 134/204
      132 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 按 。 X 所选的下一种花样向左侧移动宽度的一半。 f 指定要重复缝制的花样。 • 有关详细信息,请参见 “重复花样” (第 133 页)。 ■ 分层花样的例子 组合花样 可以组合文字针迹、装饰针迹、缎纹针迹、组合实用针迹、装饰缎纹针迹以及十字绣针迹等进行缝制。 a 触摸操作面板上的 (实用针迹键),然后
    • p. 135/204
      缝制各种内置装饰花样 133 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — c 选择下一种花样。 X 组合的花样出现在画面上。 • 若要删除所选的花样,按画面上的 (删除)。最后选择的花样被删除。 • 若要从其它类型中组合花样,按 (后退键),选择某个类型后,请选择下一 种花样。 d 选择所需要的全部花样后,开始缝制。 X 在画面上出现花样的顺序为要缝制的顺序。
    • p. 136/204
      134 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 镜像花样图像 a 选择单种花样后,按 将花样图像水平镜 像。 ■ 检查花样 在画面上未显示指定的花样时,使用下列步骤选择花样。 a 按 。 X 显示检查花样的画面。 b 按 ,并确认花样。 c 按 (后退键)。 X 再次出现初始画面。 备注 ● 可以将组合花样保存以供今后使用。有关详 细信息,请参见
    • p. 137/204
      缝制各种内置装饰花样 135 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 保存花样 可以将组合花样保存以供今后使用。这样关闭缝纫机后保存的花样不会丢失,可以在任何时候将其调出。最多可以保存 10 种花样。 ■ 保存花样 a 创建要保存的组合花样。 • 有关详细信息,请参见 “组合花样” (第 132 页)。 b 按操作面板上的 (存储键)。
    • p. 138/204
      136 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 删除保存的花样 花样包中保存的花样可以删除。 a 按 (调出键)。 b 选择要删除花样的花样包。 表示已经保存的花样的花样包。 X 所选的花样包以反色突出显示,并且显示保存的花样。 c 检查内容,然后按 (删除)。 X 显示确认信息。 d 按 。 X 已保存的花样和花样包就被删除了。 重新排列花样
    • p. 139/204
      缝制各种内置装饰花样 137 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d 开始缝制。 X 缝制要进行调整的花样。 X 缝制完花样时,缝纫机停止工作。 e 检查缝制的花样。如果均匀地缝制出图中所示的花样部分,则说明花样已正确排列。 如果花样如下所示出现,针迹在垂直方向错误排列。 如果花样如下所示出现,针迹在水平方向错误排列。 如果未正确缝制出花样,请按照下列步骤调整缝制。
    • p. 140/204
      138 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 水平花样调整 按 增大设计中的水平空间。 按 减小设计中的水平空间。 h 按 (后退键)。 X 画面变为调整花样的画面。 i 再次选择 ,启动缝纫机并检查针迹。 继续调整花样直到被正确缝制。
    • p. 141/204
      设计花样 ( My Custom Stitch (自定义针迹)) 139 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 设计花样 (My Custom Stitch (自定义针迹)) 使用 My Custom Stitch (自定义针迹)功能,可以缝制出自己设计的针迹花样。 绘制花样草图 准备方格纸。 a 在方格纸上绘制花样草图。 将花样绘制为连续的线,并且设计的起始点和结束点在同样的高度。
    • p. 142/204
      140 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 输入花样数据 遵循在方格上绘制的花样并将花样编程到缝纫机中。 a 安装交织字母压脚 “N”。 • 有关详细信息,请参见 “更换压脚” (第 44 页)。 b 按操作面板上的 (实用针迹键), 然后选择 。 X 出现输入花样的画面。 c 检查方格纸,然后指定第一个点的坐标。 使用 指定坐标,然后按 (设定)。
    • p. 143/204
      设计花样 ( My Custom Stitch (自定义针迹)) 141 3 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — h 与其它针迹一样,指定各种针迹设置,如反向/加固针迹。 • 若要修改花样,请按 (编辑)。 备注 ● 可以将输入的花样保存以供今后使用。有关 详细信息,请参见 “保存花样” (第 135 页)。
    • p. 144/204
      142 实用针迹 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 设计示例 输入表中所示的每个点来缝制示例针迹。 点 点 1 0 0 21 38 13 2 12 0 22 35 14 3 18 3 23 32 13 4 22 6 24 30 10 5 23 10 25 32 6 6 21 13 26 35 3 7 17 14 27 41 0 8 14 13 28 45
    • p. 145/204
      4 绣花 本章介绍了绣花的步骤。 成功的绣花 ........................................ 144 准备内容 ...................................... 144绣花步骤 ...................................... 146 安装绣花压脚 .................................... 147 安装绣花压脚 ............................... 147卸下绣花压脚
    • p. 146/204
      144 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 成功的绣花 本节介绍了绣花的准备工作和基本步骤。 准备内容 下面是绣花需要准备的内容。 ■ 布料 准备绣花用的布料。准备比绣花框架稍大一点,符合想要缝制花样尺寸的一块布料。 注意 ● 缝制绣花工作时请务必使用衬纸,特别是在 轻质或拉伸布料上进行绣花时。不使用衬纸可能会导致质量差的绣花作品。 ● 在大块布料上绣花时,请整理布料使其不会
    • p. 147/204
      成功的绣花 145 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 针 请使用针号为 75/11 的家用缝纫机针。在粗斜棉 布等厚布料上绣花时,请使用针号为 90/14 的家 用缝纫机针。 备注 ● 购买缝纫机时已经安装了针号为75/11的针。 ● 更换针时,请参见 “更换机针”(第 42 页)。 ᇣᖗ ■ 其它 绣花框 “小”和 “中”为选购件。有关详细信息,请参见
    • p. 148/204
      146 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 绣花步骤 绣花的基础步骤如下所述。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 1 压脚安装 安装绣花压脚 “ Q”。 有关安装绣花压脚的详细信息,请参见 “安装绣花压脚” (第 147 页)。 2 检查针的状况 使用适合布料的针。有关更换针的详细信息,请参见 “更换机针”(第 42 页)。 3 绣花单元安装
    • p. 149/204
      安装绣花压脚 147 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 安装绣花压脚 本节介绍了如何安装绣花压脚。 安装绣花压脚 绣花时安装绣花压脚。准备好附带的绣花压脚 “ Q” 和一把螺丝刀。 a 绣花压脚杆b 被压脚支架螺丝抓住 ᇣᖗ a 按 (针位置按钮)一次或两次,将针抬 起。 a 针位置按钮 X 针将上升。 b 关闭缝纫机。 ᇣᖗ
    • p. 150/204
      148 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 松开压脚支架螺丝,卸下压脚支架。将螺丝刀转到后面。 a 螺丝刀b 压脚支架c 压脚支架螺丝 f 如图所示,用右手按住绣花压脚。用食指按住压脚后部的控制柄将绣花压脚按住。 a 拨杆 g 用手指按住拨杆时,将绣花压脚杆固定在针夹螺丝上,以将绣花压脚安装到压脚杆上。 a 绣花压脚杆b 针夹螺丝 h
    • p. 151/204
      安装绣花压脚 149 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 卸下绣花压脚 a 按 (针位置按钮)一次或两次,将针抬 起。 a 针位置按钮 b 关闭缝纫机。 c 抬起压脚拨杆。 a 压脚拨杆 X 压脚被抬起。 d 用手指按下绣花压脚后面的拨杆的同时,请松开压脚支架螺丝,然后卸下绣花压脚 “Q”。将螺丝刀转到后面。 e 安装压脚支架。
    • p. 152/204
      150 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 安装绣花单元 本节介绍了如何安装绣花单元。 绣花单元的注意事项 下面介绍了绣花单元的注意事项。 ᇣᖗ 注意 ● 请勿触摸绣花单元连接槽的接口。接口可能 会损坏,并导致故障。 ● 请勿抬起绣花导轨,也不要用力移动。否则 可能会导致故障。 安装绣花单元 准备好附带的绣花单元。 a 关闭缝纫机。 b 将附加工作平台拉伸到左侧。
    • p. 153/204
      安装绣花单元 151 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d 将绣花单元滑到缝纫机臂上。将其推入直到发出咔嚓一声响并停止。 X 安装绣花单元。 e 打开缝纫机。 X 显示确认信息。 f 确认没有将手或其它物体放在绣花单元附近,然后按 。 • 画面上显示动画时,如果用手指触摸了画面 将显示上述信息。 X 导轨移动到初始位置。 a 导轨
    • p. 154/204
      152 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 卸下绣花单元 请确保缝纫机完全停止工作并遵循下面的说明。 a 卸下绣花框。 • 有关卸下绣花框的详细信息,请参见 “卸下 绣花框”(第 158 页)。 b 按 ,然后按 。 X 绣花导轨将移动到可以保存的位置。 c 关闭缝纫机。 ᇣᖗ d 按住绣花单元左下侧的释放按钮,然后慢慢地将绣花单元拉到左侧。
    • p. 155/204
      准备布料 153 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 准备布料 将衬纸安装到绣花布料上后,在绣花框上会伸展开。 将衬纸安装到布料上 将绣花用衬纸安装到布料上,防止产生质量差的绣花作品。 备注 ● 建议使用绣花用衬纸。在细棉布等薄布料和 毛巾等有绒毛的布料上绣花时,使用水溶性衬纸。有关详细信息,请参见 “选购配件” (第 12 页)。
    • p. 156/204
      154 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 将布料放在绣花框中 将布料在绣花框上完全展开。如果布料太松驰,绣制花样的质量可能会很差。按照下列步骤将布料绷紧放在框架中。在布料下放置衬纸并准备好绣花框 (中、小、大或特大 (多位置))。 ■ 绣花框 (大) 最大可在高 18 厘米 (7 英寸)、宽 13 厘米 ( 5 英寸)的区域内绣花。用于绣制多个花样,而
    • p. 157/204
      准备布料 155 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d 用手拧紧调整螺丝,恰好将布料固定。 e 轻轻从绣花框中取出布料,而不松开调整螺丝。 备注 ● 这种预防步骤会在进行绣花时帮助减少花样 变形。 f 再次从布料上方将内框按下,对齐内框上的 和外框上的 。 a 外框b 内框c 布料 (正 面 ) d 衬纸e 外框突出部分 • 用力按下直到内框牢固地压靠在外框突出部
    • p. 158/204
      156 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — b 将绣花定位片放在内框中。 a 绣花定位片b 内框c 绣花定位片基线 c 在布料上使用绣花定位片上的基线划出标记。 d 放置内框,将布料放在外框上并拉伸布料。 • 有关详细信息,请参见第 154 页。 e 取下绣花定位片。 ■ 在无法在绣花框上拉伸的布料上绣花 在无法在绣花框上拉伸的小块布料或丝带等薄布料上绣花时,使用衬纸垫在下面将其在绣花框上拉伸。建议所有绣花均使用衬纸。
    • p. 159/204
      安装绣花框 157 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 安装绣花框 本节介绍如何安装绣花框。 安装绣花框 a 将绣花梭芯线卷绕到梭芯上,并安装到内旋梭中。 • 有关详细信息,请参见 “梭芯绕线/安装” (第 25 页)。 b 抬起压脚拨杆。 a 压脚拨杆 c 进一步抬起压脚拨杆时,将绣花框放在压脚下。 ᇣᖗ d 轻轻地将绣花框支架上的拨杆按到左侧,将绣花框支架上的两颗销钉与绣花框上的安装支架对齐,然后将绣花框压入绣花框支架,直到听到咔嚓一声响。将前安装支架按压到销钉上,直到咔嚓一声就位后,再将后安装支架按压到位。
    • p. 160/204
      158 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 卸下绣花框 请确保缝纫机完全停止工作并遵循下面的说明。 a 抬起压脚拨杆。 a 压脚拨杆 b 将绣花框支架的拨杆推到左侧时,向上抬起绣花框将其卸下。从销钉卸下后安装支架,然后将前安装支架从销钉上卸下。 a 拨杆 a 安装支架b 销钉 c 进一步抬起压脚拨杆时,将绣花框放在压脚下。 ᇣᖗ a 1 1
    • p. 161/204
      选择绣花花样 159 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 选择绣花花样 本节介绍了各种可用绣花花样类型和选择花样步骤的详细信息。 版权信息 保存在缝纫机和绣花卡中的花样仅供个人使用。将受版权保护的花样公布或用于商业用途,被版权法视为侵权行为并严厉禁止。 绣制花样类型 可以从下列可用类型中选择绣花花样。 a 绣花花样b 附加绣花花样c
    • p. 162/204
      160 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — LCD (液晶显示屏)操作 LCD (液晶显示屏)使用操作面板上的操作键来操作。下面介绍了如何使用这些键进行绣花。 ■ 操作键 按 (设置键)。 NAME OF COLOR (颜色名称):普通颜色名称TIME (时间):绣花需要的时间NEEDLE COUNT (针计数):使用的针数#123: 从下列线色编号组中选择
    • p. 163/204
      选择绣花花样 161 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ LCD 按钮 • 有关详细信息,请参见 “重新绣制” (第 175 页)。 • 有关详细信息,请参见 “调整设计” (第 171 页)。 备注 ● 无法使用虚线框内的键。 选择某一花样时,按此键,然后按 切换显示。确认指定的字 符文字串和颜色等绣制设置。 按此键改变线设置。
    • p. 164/204
      162 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 选择绣花花样 机器存储器中共保存 136 种绣花花样,如水果和动 物。 备注 ● 有关完整花样的示例以及所用的线,请参见 快速操作指南中的 “绣花花样颜色变更表” (绣花花样颜色变更表)。 a 选择绣花花样的类型。 X 显示花样选择画面。 b 选择花样。使用 (上一页键)和 (下一页键)切 换画面。
    • p. 165/204
      选择绣花花样 163 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 选择字符 指定绣花用的文字。 备注 ● 显示 “ ”(花样对于绣花 框太大。)时,无法再输入更多字符。 ● 无法组合不同字体 (sans serif、 serif 以及 outline 等)。 a 选择文字针迹。 b 选择字体。 c 选择文字。 • 如果选择了错误的字母,请按
    • p. 166/204
      164 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 备注 ● 可以将创建的文字花样保存以供今后使用。 有关详细信息,请参见 “保存花样” (第 180 页)。 选择框架花样 10 种外形,如方形和圆圈,可与 12 种针迹类型组合在一起。 备注 ● 有关框架花样形状以及针迹,请参见快速操 作指南中的 “框架花样”(框架花样)。 a 按框架花样。 X
    • p. 167/204
      选择绣花花样 165 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 使用绣花卡 (选购) 如果使用了绣花卡,可以绣制保存在缝纫机之外的花样。有具有不同主题的绣花卡。 注意 ● 请务必关闭缝纫机来插入和取出绣花卡。 ● 将绣花卡插入绣花卡插槽,将其朝向右侧。 ● 请勿将绣花卡之外的其它物品放到绣花卡插 槽中。 ● 不使用绣花卡时,请将其放在储藏盒内。
    • p. 168/204
      166 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 绣花 完成准备工作后,就可尝试进行绣花了。本节介绍绣花和贴布绣的步骤。 缝制漂亮的外观 有多种因素可让您绣制出漂亮的绣花。使用适当的衬纸 (第 153 页)以及将布料箍在绣花框中 (第 154 页) 是前面提及的两项重要因素。另外重要的一点是所用针、线的适合度。请参见下面关于线的说明。本缝纫机附带了两个内旋梭。请遵循下面的说明。
    • p. 169/204
      绣花 167 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 绣制花样 一种颜色绣完后,换线继续绣下一种颜色绣制花样。 a 准备画面上所示颜色的绣花线。 a 可以用来绣花的绣花框b 当前色阶/设计中的颜色号c 当前颜色名称d 当前颜色部分e 下一个颜色部分 • 可以改变线色显示的线色编号设置。按 (设置键),然后在设置画面中改变设 置。有关详细信息,请参见
    • p. 170/204
      168 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d 放低压脚拨杆。 a 压脚拨杆 e 按 ( 开始/停止按钮 )。 a 开始/停止按钮 f 绣5到6针后,按 (开始/停止按钮) 停止机 器。 g 使用剪刀剪断针迹开头的线。剪断针迹末端的线。 • 如果在针迹的开头留有线,继续绣制花样时 可能会被重叠缝制,这样绣制完花样后,线会很难处理。请剪下开头的线。
    • p. 171/204
      绣花 169 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 贴布绣 准备底布和贴布绣布料 (贴布绣片)。按 (设 置键),然后将线色画面设定为 NAME OF COLOR (颜色名称),这样在画面上将显示 “ APPLIQUE MATERIAL”(贴布绣布料)、“APPLIQUE POSITION”(贴布绣位置)和 “APPLIQUE”(贴布绣)。
    • p. 172/204
      170 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — i 放低压脚拨杆,然后按 ( 开始/停止按钮 )。 注意 ● 显示 “APPLIQUE MATERIAL”(贴布绣 布料)、“ APPLIQUE POSITION”(贴布绣 位置)和 “ APPLIQUE”(贴布绣)时,特 定颜色的线不会出现。使用正确颜色的线与贴布绣布料相配。 j 请遵循画面上的说明,在缝制时改变线色。
    • p. 173/204
      编辑花样 171 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 编辑花样 本节介绍了编辑、调整以及将花样重置位置的方法。 调整设计 花样默认位于绣花框的中心。开始绣花之前可以检查设计,并改变位置和大小。 备注 ● 无法使用虚线框内的按键。 a 选择绣花花样后,按 。 X 显示绣花画面。 b 按 。 X 显示设计画面。 c 检查并调整设计。
    • p. 174/204
      172 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 备注 ● 如果在改变大小和位置时记录下画面下面的 数值,即使在正在工作时将电源关闭再打开,也可以使用相同的大小和设计进行缝制。 • 按 (后退键)返回到上一画面。 • 按 返回到上一画面。 ᇣᖗ 设计键按此键移动到旋转画面。 旋转键每次将花样旋转 1 度、 10 度或 90 度。 将花样向左旋转
    • p. 175/204
      编辑花样 173 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — d 按 ( 后退键 ) 恢复到原始画面。 备注 ● 关闭电源时,设计恢复到原始设置。 ● 也可以在开始绣花后按 (设计)检查 花样大小和离中心的距离。 调整线张力 如果绣花失败,很难将线拆掉并且布料可能已损坏。进行绣花前,使用同种类型的一块布料检查线张力的调整等。若要调整线张力,请按
    • p. 176/204
      174 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 调整可替换内旋梭 (螺丝上无颜色标记) 使用提供的绣花内旋梭时,执行实用针迹缝制和绣花功能时请务必选择绿色标记内旋梭。在绣花功能模式中时,正在使用可替换绣花内旋梭 (本机附带之外的)时,应选择可替换内旋梭 (无标记)。需要更改梭芯张力以容纳不同梭芯线时,可以轻松调整可替换内旋梭 (螺丝上无颜色标记)。请参见
    • p. 177/204
      编辑花样 175 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 重新绣制 使用了错误的线色后,可以使用正确的颜色重新绣制。 a 按 (开始/停止按钮)停止缝纫机工作。 b 按 。 c 按 。 d 按 (后退 1 色)恢复到错误颜色的开头。 e 为面线设定正确的颜色。 f 按 ( 开始/停止按钮 ) 继续设计。 线在某设计中途用尽 缝制过程中面线或梭芯线用尽时,缝纫机会停止工作。后退大约
    • p. 178/204
      176 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 绣花时停止 如果完成绣花前停止下来,请关闭缝纫机前检查当前针迹计数。 备注 ● 关闭缝纫机电源时,绣花大小和设计恢复到 原始设置。 a 按 (开始/停止按钮)停止缝纫机工作。 b 在画面中检查当前针迹计数并记录下来。 如果未显示针迹计数,按 (设置键),然 后使用 显示下列画面。 按 (后退键)恢复到绣花画面。
    • p. 179/204
      编辑花样 177 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — h 按 。 i 按 (前进 1 色)移动到要绣制颜色的开 头。 j 按 (前进 1 针)增加针迹计数。 如果连续按 ,针迹计数以 1 → 9 → 30 针 为基数递增。 在 b 中确认的总针数前,前进约 10 针。 k 重新绣花。
    • p. 180/204
      178 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 使用存储功能 使用绣花数据时的注意事项 使用非本机创建和保存的绣花数据时,请遵守下列注意事项。 ᇣᖗ ■ 可以使用的绣花数据格式 • 本机只可以使用 .pes和.dst绣花数据文件。使用非我公司数据设计系统或绣花机保存的数据时可能会导致 绣花机故障。 ■ 可以使用的 USB 介质格式 绣花数据可以从任何大小的
    • p. 181/204
      使用存储功能 179 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — ■ 田岛 (.dst) 绣花数据 • 当导入 .dst 文件时,选择花样 (文件名)是查看设计的唯一方法。 然后按下 在画面上显示设计。
    • p. 182/204
      180 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 保存花样 自定义的绣花花样和字母字符可以保存在缝纫机存储器中。由于关闭缝纫机后保存的花样不会删除,您仍可随时将其调出进行绣花。这可方便保存名称和其它等。最多可保存 12 种花样或 512KB 的数据。 ■ 保存花样 a 选择要保存的花样后,按 (存储键)。 X 花样保存后,再次出现初始画面。 注意
    • p. 183/204
      使用存储功能 181 4 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 将绣花花样从计算机传送到机器 注意 ● 仅 USB 闪存驱动器(USB 闪存)可以连接到 本机器的 USB 端口。 ● 可以将绣花花样从包含少于200种绣花花样数 据的 USB 介质传送到机器中。 ● 如果 USB 介质包含多于 200 种绣花花样,不 能将绣花花样传送到机器。在这种情况下,减少保存在
    • p. 184/204
      182 绣花 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — e 将 USB 介质插入本机上的 USB 端口。 a USB 端口 (用于 USB 闪存驱动器 (USB 闪存)) b USB 介质 f 按 。 X 显示保存的花样。 注意 ● 如果出现 “ ”(减少花样数 量)信息, USB 介质可能包含了超过 200 种绣花花样或者可能绣花设计中包含过多的颜色
    • p. 185/204
      5 附录 本章介绍了各种维修保养和故障排除步骤。 维护和维修保养.....................................................................................................184 清洁缝纫机表面................................................................................................184清洁旋梭 ..........................................................................................................184
    • p. 186/204
      184 附录 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 维护和维修保养 下面介绍了简单的缝纫机维修保养操作。 清洁缝纫机表面 如果缝纫机表面变脏,用布轻轻蘸湿中性溶剂,用力拧净,然后擦拭缝纫机表面。用湿布清洁一次后,再用干布将其擦拭。 ᇣᖗ 清洁旋梭 如果内旋梭中积蓄了灰尘,缝制性能会下降,因此应定期进行清洁。 a 关闭缝纫机。 b 将电源线从缝纫机右侧的电源插口拔出。
    • p. 187/204
      维护和维修保养 185 5 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — g 插入内旋梭时将下图所显示的机器上的 S 标记 对准内旋梭上的 ● 标记。 • 将 S 与 ● 标记对准。 a S 标记 b ● 标记 c 内旋梭 • 确保在装入内旋梭之前对准所指示的点。 ᇣᖗ h 将针板盖上的凸起插入到针板内,然后将盖子滑回。 a 针板盖 ● 切勿使用被划伤的内旋梭,否则可能会导
    • p. 188/204
      186 附录 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 故障排除 若缝纫机无法正常工作,请在请求维修前确认如下可能出现的问题。若问题仍然存在,请与 Brother 家 用缝纫机授权销售代理商或技术服务中心。 现象 可能原因 解决方法 参考 缝纫机不工作。 未打开机器。 开机。 第 19 页 未按下开始/停止按钮。 按开始/停止按钮。 第 53 页 压脚拨杆被抬起。
    • p. 189/204
      故障排除 187 5 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 面线断线。 面线穿线不正确 (例如,线筒未正确安装,线筒盖对于正在使用的线筒太大,或者线脱出针杆导线杆)。 将面线正确穿线。 第 31 页 线出现死结或缠线。 清除所有死结或缠线。 − 所选的针与所使用的线不匹配。 请选用与所使用线的类型相匹配的针。 第 41 页 面线张力太紧。
    • p. 190/204
      188 附录 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 底线缠线或断线。 未正确缠绕梭芯线。 正确安装梭芯线。 第 29 页 梭芯被划伤或者旋转不均匀,或上面有毛刺。 更换梭芯。 − 发生缠线。 清除缠线,清洁旋梭。 第 184 页 未使用专为本机器而设计的梭芯。 不正确的梭芯将无法正常工作。只能使用专为本缝纫机而设计的梭芯。 第 25 页 线张力不正确。
    • p. 191/204
      故障排除 189 5 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 跳针。 面线穿线不正确。 将面线正确穿线。 第 31 页 未选用正确的布料、线、针的组合。 请选用与所缝制布料类型匹配的线和针。 第 41 页 针弯曲或太钝。 更换针。 第 42 页 未正确安装针。 正确安装针。 第 42 页 针板下面或内旋梭中积累了灰尘。 卸下针板盖,清洁旋梭。
    • p. 192/204
      190 附录 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — LCD 上无显示。 LCD 的亮度太亮或太暗。 调整 LCD 亮度。 第 194 页 按下按钮后 机器不工作。 在 LCD 上显示动画。 用手指触摸 LCD,动画消失。 第 20 页 绣花单元不移动。 未选择花样。 选择花样。 第 159 页 绣花单元未正确设定。 正确设定绣花单元。 第 150
    • p. 193/204
      故障排除 191 5 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 错误信息 执行错误的操作时,在 LCD 上将显示操作信息和建议。按照显示的信息执行。如果在显示错误信息时按下了 或者执行了正确的操作,信息将消失。 错误信息 可能原因 可能是所选花样的数据已损坏。 在缝制画面之外的画面按下了开始/停止按钮或者反向/加固针迹按钮。 使用缝制速度控制器调整针迹宽度的设置设定为
    • p. 194/204
      192 附录 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 未插入绣花卡便按下了 LCD 上的 。 放低钮孔拨杆的同时,选择了钮孔针迹、套结针迹或织补针迹之外的针迹并且按下了开始/停止按钮。 未连接 USB 介质时调用花样。 抬起钮孔拨杆的同时,选择了钮孔针迹、套结针迹或织补针迹并且按下了开始/停止按钮。 抬起压脚的同时,按下了开始/停止按钮、反向/加固针迹按钮或切线刀按钮。
    • p. 195/204
      故障排除 193 5 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 正在保存花样。 未选择花样时,按下了开始/停止按钮或者反向/加固针迹按钮。 梭芯线已用尽。只剩下很少的梭芯线。 安装绣花单元时。 尝试设定一些不适合绣花框范围的字母。 面线在内旋梭周围发生缠线,并且出现弯针和碰到针板等现象等,缝纫机停止工作 (请参见第 186 页)。 尝试绣花单元已安装时无法使用的一种功能。
    • p. 196/204
      194 附录 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 调整 LCD 如果打开缝纫机时 LCD 中无显示,则说明 LCD 的 亮度太亮或太暗。在此情况下,请执行下列操作。 a 关闭缝纫机。 b 按下画面上的任何部位的同时打开缝纫机。 c 按 或 。 d 关闭缝纫机,然后再次打开。 操作蜂鸣 每按一次键,都会听到一声蜂鸣。如果执行了错误的操作,会听到两声或四声蜂鸣。
    • p. 197/204
      故障排除 195 5 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 取消操作蜂鸣 购买本缝纫机时,默认设置为每按一次操作面板键都会蜂鸣一次。可以更改此设置,使缝纫机不发出蜂鸣。 a 打开缝纫机。 X LCD 点亮。 b 按操作面板上的 (设置键)。 X 出现设置画面。 c 按 (下一页键)三次。 d 按蜂鸣器的 OFF。 X 将出现更改蜂鸣设置的画面。
    • p. 198/204
      196 附录 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 使用 USB 介质升级机器软件 可以使用 USB 介质或计算机下载软件,将缝纫机升级。 在 “ http://solutions.brother.com ”网站上有可用的升级程序时,请按照网站上说明以及以下步骤下载文 件。 注意 ● 使用 USB 介质升级软件时,在开始升级之前先检查 USB 介质中没有除了升级文件之外的其他数据。
    • p. 199/204
      使用 USB 介质升级机器软件 / 索引 197 5 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 索引 数字 1/4 英寸绗缝压脚 ................................................. 11 , 108 A 暗缝针迹 .......................................................................87
    • p. 200/204
      198 附录 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — 解决操作问题 .............................................................186 镜像针迹 .......................................................................63
    • p. 201/204
      索引 199 5 — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — X 下一页键 .......................................................................16 线筒 ..............................................................................31
    • p. 202/204
    • p. 203/204
    • p. 204/204
      Chinese-simp 885-U01 XF0287-001 Printed in China
 

© 2012–2019, pdfshouce.com
版权所有。